2007年09月19日

小型FluorMeterについて

小型FluorMeterについて

近年、沢山のFluorometerが出そろってますが、片手で操作可能な測定器という枠で考えた場合、以下の3機種が該当します。
Hansatech−PocketPEA
PEA.jpg

PSI-FluorPen
FP100.jpg

Optiscience-OS-30p
OS30p.jpg

私、全てのメーカーを触ってしまいました。凡その特徴をお伝えします。

測定手段としてLeafClipを使用するのがFluorPenとOS-30pの2機種。
FluorPenは本体先端に装備されており、そのクリップで直接サンプルを挟む構造です。フルオロメータの場合、全ての機種が透過ではなく反射を測定しているので、ディテクターは本体側にあります。操作もコンパクトモデルはキーが少数しか付いていないので買ったその日から使えるのが特徴です。ですが、あまりに簡単な操作ですから「これで終わり?」と思えてしまうこともあります。

まずはLeafClipとは何ぞや?とお思いの方に説明しましょう。
形状は洗濯ハサミの先端が丸いものをイメージしてください。主に暗処理用に使用されます。測定する際に、付属のスライダーを引いて、測定面だけを露出させ測定を行います。

これは、測定が簡単になるように考案されたのですが、サンプルへのストレスを回避する為に挟む力がかなり弱いのが特徴です。ですのでクリップの自重で、茎がしなってしまい外れてしまう事があります。外光が影響しないようにクリップと本体受光部が合体する構造になっているので、実際には片手で操作するのは難しいですね。

まあ暗処理をするだけならアルミ箔でサンプル全体を覆っておいて、測定する際に外せばいいのですから、そんなに意味は無いのかもしれません。

コンパクト器は、測定パラメーターはFo、Fm、Fv、Fv/Fmくらいです。唯一存在するプログラムのKautsuky Curveで検出出来るのは上記パラメータだけです。OS30pとFluorPenの場合はオプションでOJIPが取れます。

数値は全て内部プログラムで計算された値が検出されるのも共通です。なので、そのまま信用するのはちょっと怖いですよね!生データも見れないので、根拠が分らんのです。

OS-30pだけは唯一KineticsがLCD画面上で見る事が出来ます。
Liveではないのですが、測定後Graphが見えるので判別の材料にはなります。

OS309monitor.jpg

ただその機能があるからか他の2機種よりは金額が張ります。

FluorPenには最近2タイプ新バージョンがデビューしました。先端を水中に差し込む事が出来るAquaと、
FP100aqua.jpg


採取した藻類を収められるキュベット付きのAquaCです。
FP100AquaC.jpg


これは藻類等を現場で採取測定出来る画期的な物だと思います。
Aquaも全体を防水にすればDivingPAM買わなくてもいいかもです。
                 

最後に、可能であればMINI-PAMとか6400をお持ちであれば、夫々との相関を出して使うといいです!小型Fluormeterは屋外で多点測定の際に便利だと思います。ご利用は計画的に!!

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記