2008年06月25日

3分照度センサー

3分照度センサー

またつまらぬ物を作ってしまいました。
NY01.JPG

6月16日、NY様からご連絡を頂き、今手元にある出所不明の浜フォトのフォトダイオードを使って、照度センサーを12個作りたい、しかし7月始めに観測サイトに設置に行くので間に合うかなあ・・・・。

通常の物作りではいろんな事を考えて設計するんですが、今回は制約が多いです。

ここで、ご要望と設計思想のバランスを考えてみます。

1 今あるセンサの選定基準が曖昧(何故かそこにあったというだけらしい)
2 拡散板の準備は間に合わない
3 拡散板を設ける場合、その透過スペクトルとPDの感度スペクトルを使って光学設計を行わねばならない
4 そこまで行くと、入射角特性(コサイン補正)の設計もやりたくなってしまう
5 そうするとハウジングはそれなりに複雑な形状になってしまう
6 自作しようとされている事から予算の制約はかなり厳しい。

つまり、バランスはとれないということが明白です。しかし、ここで終わっては何も進みませんから、こういう場合にはかなり思い切った事をすべしという天の声が聞こえます。

1 1年持てばいい。手持ちのセンサーにとっては出番があるだけ生き甲斐ってもんです。
2 弊社で組立しなければいい。これはお客様にやってもらいましょう。
3 部品代を抑える。そういう設計をすると、価格も安く、加工屋さんの納期も早くなります。小さくシンプルな形状でハウジングを作りましょう。
4 要するに肝要なのは防水と水平が出しやすければよい。

完成品が上の写真です。見本だけは弊社で組み立てました。

組み立てて気が付いたんですけど、これは少数ながらまねしたい人がいるかも知れないと思いました。と言いますのは、個葉に沢山のセンサーを設置したいという方もたまにいらっしゃるのです。なので、ここで3分照度センサーの作り方講座です。

準備する物
1 お好きなフォトダイオード
2 同軸ケーブルφ3程度のもの
4 塩ビ製のハウジング(お好みでアルミも可。でもアルマイトはかけた方がいいです。)
5 300Ω程度の抵抗(電圧出力が欲しい方だけ)
6 ニッパー
7 小型の万力もしくはボール盤
8 セメダイン社のスーパーXクリア
9 透明レジン
10 はんだこて15〜30Wとはんだ

まずハウジングにフォトダイオードをスーパーXで接着します。この接着はセンサ背面にあるピンの防水も兼ねますから、慎重にしかし大胆に行います。
NY02.JPG

接着剤が仮留めできるまでに10分程度かかりますから、その間万力やボール盤で軽く圧縮します。写真ではセンサー表面を破壊しないように綿棒を鋏んでます。
(この時点で3分以上経過してますけど、ただのタイトルと言うことで・・・。)
NY04.JPG

同軸ケーブルをサイドの穴から通します。そして先端のシースを
切って、銅線を剥き出しにします。
NY03.JPG


ハウジングの背面の結線を行います。同軸のセンターをフォトダイオードの+側にしましょう。シールド側を−にします。
NY05.JPG

ハウジングの背面の面から配線が飛び出さない位置ではんだ付けします。フォトダイオードは熱に弱いので、なるべく短時間で行いましょう。

フォトダイオードの余分なピンをニッパーで切ってしまいます。
NY06.JPG

そうすると穴の中に全ての配線が入ってしまう構造になりますね。ここでレジンを流し込みます。レジンはなるべく流動性の良い物が向いてます。

以上でほぼ完成です。

もし、電圧が欲しければ、センサー側ではなくて、データロガー側に抵抗を入れます。

ハウジングの穴の中にも入るんですけど、抵抗というのはそれ自体が温度特性を持っていますから、センサー側ではなく、なにかしらの箱に入るであろうロガー側に抵抗を付けるのが賢いです。

それでも温度(気温)変化で抵抗値が変わりますけど、全部同じ場所にあると、どの抵抗もだいたい同じ影響を受けるので、センサー側に付けるより遙かにマシです。

注意:このセンサーについては、急場しのぎというか、手抜きするしかなかった背景がありまして、その程度の「ブツ」ですから弊社ではとても販売はできません。

かなり良い「ブツ」を開発中なのでお待ちくださいね。

なお、このセンサーはNY Sensorと銘々してます。そう呼んでください。

日本環境計測国産部門担当HK
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月12日

PR2の校正とキャリブレーター

PR2の校正とキャリブレーター

デルタT社の製品を取扱い始めて約2年が経過しました。ここの土壌水分関係のセンサーは、頑丈で、精度が良く、かなり気に入ってます。(じゃないと販売できませんもんね。)

さて、土壌のプロファイルを計測するセンサーでプロファイルプローブPR2/4やPR2/6と言うのがあります。

こういうの
Profileprobe.jpg

このセンサは弊社が販売開始してからさほど売れてないのですけど、その理由に、1.既に沢山出回っている。2.前モデルのPR1の悪評がつきまとっている。が挙げられます。

1については、これはどうしようもないです。

2については、弊社ではPR1を販売したことがないので、なんともしようがないのですが、せめて出来る範囲でという事で、一時期、PR1 to PR2アップグレードキャンペーンを実施しました。

こういう流れから、弊社が販売した訳じゃないのに技術的な問合せや、修理の問合せが増えてきています。(なんで?)

どんな機械でも長年使用すれば、そりゃあ壊れることや、不調になることはあるものです。

しかしDeltaT社の土壌関係の製品では他機種ではほとんど修理の案件が皆無なのに、このプロファイルプローブについては問い合わせが多い事が経験的に解ってきました。

マイナーな、例えば、コネクタの接触不良やどこかの断線などは、まあ普通の機械並みという頻度ではあります。しかし気になったのが、PR2(PR1じゃない)を使っていても、調子が変、計測値がおかしい、といった案件が比較的多いのです。

そこで、弊社ではその対策として校正装置を作りました。正規輸入販売代理店だし、このくらいはやってもおかしくないでしょう。

問題点は、1mものプローブを均質な水分状態にする点です。どんな土壌を使用しても1mもの高さに積層すればその粒子の密度は重力によって分布してしまいます。横挿しではどうかというと、それでも重力で時間経過と共に同じ事が起こるでしょう。

過去の論文を調べましたら、森林総合研究所発行の
Kyushu J. For. Res. No. 55 2002. 3
「2種類の土壌水分計のキャリブレーション」小林 政広 酒井 正治
という論文が大きなヒントになりました。

良い点は、
均質な含水率のサンプルを作り出せる
挿入箇所の違いや挿入回数の影響を受けにくい

つまり、
土壌水分計の個体差チェックが可能
製造したサンプルの体積含水率が既知で有れば中間値を用いたキャリブレーションが可能

となるわけです。

何故にガラスビーズが良いかと言いますと、
水より十分比重が高い、水に浮かない。
粒径を整えやすい、これは粒径を指定して買えばよいだけ。
十分に固いので、積層しても密度分布が生じにくい。
導電性がないので、誘電率に影響しない。

なんと、プロファイルプローブの校正用サンプルにぴったりじゃないですか。

で、直ぐに材料屋さんに電話して、「ガラスビーズ150kgください。粒径これこれ・・・・。」

「はい、今日発送します。」

「??えっ、在庫って有るんですか?」

「もちろん。500kg常備です。」

「・・・・。」

驚きを隠せませんでした。

2日後に到着。思ったより、こういうものって、早く着くのねえ。

できたのが、こういうものです。

PR2cal01.JPG

水道の蛇口の近くってのがポイントです。

真ん中にプロファイルプローブ用のアクセスチューブATL1を挿しています。

PR2cal02.JPG

重量があるサンプルなので、アクセスチューブはなんの支えもいりませんでした。固定方法、悩んだんですけどねえ。挿す前に。

作った後で気が付いたんですけど、これ、すごく重いです。約150kgのガラスビーズと水と巨大な塩ビパイプですから、総重量は300kgを越えます。

見ての通り運べません。多分あんまり使わないので普段はとても邪魔です。それと、材料費が結構な金額になります。

ここで、既知濃度を計測する必要があります。ML2xシータプローブの出番です。このセンサは、比較的まともな価格ながら高精度なセンサで有名なものです。

沢山測っての計測結果は40.8±0.2%VWCです。安定した計測を行うにはセンサー根本付近にガラスビーズが十分入り込むようにという配慮だけは必要です。

丁度、本州のお客様から校正の依頼があったので、遠い英国まで送り返すことなく、PR2/6の校正を実施できました。

約2年ほどご使用になられたとの事で、確かにかなりずれており、6個のセンサーは±8%VWC程度、バラツキがありました。

校正は大気中で水分が無い状態でゼロ校正、今回作ったキャリブレーターでスパン校正を行います。

ゼロ校正時にもアクセスチューブに挿して実施することは大事な事です。

普通の水だけの状態でスパン校正やればいいじゃない・・と思う方も多いかも知れませんが、100%VWCの状態ではPR2の出力は1Vを越えてしまい、校正曲線が使えないエリアに突入してしまうのです。

そもそも誘電率を使う場合、その推奨範囲は100MHzという周波数を持ってしても、せいぜい50%程度まででサチッてしまうでしょうし、それ以上のセンサ出力を校正式に反映してしまうと、実用範囲の精度が落ちてしまいます。これはもったいない。

一応、弊社で有償にて校正承ります。

弊社で買ってない?

そういう細かいところは気にしません。田舎者は。

ただ、この装置、たまにしか出番がなさそうなので、既に持っているPR2を弊社に持ち込んで、「自分で」やってみたいという方がいらっしゃったら使って良いですよ。

沢山のセンサーを持っていたり、そろそろ校正したいなあという方は多いと思いますし。

問題は弊社の所在地です。地方なので、ほとんどの方には遠いかなあと思います。

使用料は・・・・・気前よく無料です。(ただし、上記「自分で」が重要。仕事の時間を使わせないでください。)

おみやげなんかは歓迎します。(決してMUSTではないです。)

日本環境計測国産部門担当HK
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月08日

働くおじさん!!

働くおじさん!!

本日は弊社のお仕事のお話。

弊社は一部業務で海外メーカーの国内代理店であり、輸出入業務をしております。
ある意味メーカーであり、商社でもある訳です。

皆さん商社マンとかメーカー営業て言葉聞いたらどんなイメージです。

ファッション雑誌の「デキるサラリーマン特集!!」見てきました。と言わんばかりのスーツばしっと着こなして、そりゃあもう、寝る暇ないくらいに時間に追われて、でもリゲイン飲んで気合い入れたら大丈夫だもんね。

でも冷暖房完備。

そんなんステレオタイプばっかり沢山いたら気持ち悪いと思うのは田舎にいるせいでしょうか。

スーツ着てて商品買ってもらえるなら3枚くらい重ね着しましょか“”

担当してる研究室の学生さんがその格好見て、将来こうなりたいとは思いませんわな。まあそういう私も東京居るときは同化してたんですけどね・・・・。

track.jpg

この写真は先週、圃場に入れる土の運搬を依頼された時の1枚です。
こんなんスーツ着てたら出来ないっしょ=)) 

他にも観測タワー建てたり、量水堰造ったりと地元密着のお仕事に従事しております。

コレ見てこんなん嫌やと思う方もいるでしょう!でもお客さんと一緒に汗かいて仕事
してるのは楽しいですよ!BBQとかも参加しますし“”

経済効率から鑑みたらそりゃ非効率ですよ!1件にかける時間は最短にすれば、
それだけ多くの研究室廻れますもんね!酒屋の兄ちゃんみたいに!

東京の一等地に事務所構えて、家賃と光熱費で月100万円コースを稼がなアカンのも分りますけど、そんなん僕らは遠慮しときます。別にShowRoomとか無いですしね!!

お客さんと同じ目線で一緒に汗かける、そんな会社があってもいいですよね!

これからも世の中の大勢に逆らって、足踏ん張って頑張りますので応援お願いします。そうは言うても会社なんで利益ないと運営出来ませんのでお買い物もお願いします。

皆さんで国産品の普及と導入を後進の為に盛り上げていきましょう。

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月05日

ポロメータAP4の詳細って・・・

ポロメータAP4の詳細って・・・

最近お問い合わせ頂くことが増えたポロメータAP4ですが、なかなか詳細が解るホームページって、英文を含めて少ないことに気が付きました。

そう言うわけで、写真を交えて「こういう機械です」というページをアップロードしましたので、興味のある方は参考にしてください。

http://www.environment.co.jp/ImpPro/DeltaT/AP4/ap4.htm

こういうところが見てみたいという要望は、リクエストくだされば掲載します。


日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月04日

JuniorPAMをMacで操作してみました

JuniorPAMをMacで操作してみました

ibook&juniorPAM01.JPG

肩身の狭い気分のMacファンに明るいニュースです。

どの機械のソフトも対応OSはWindowバージョン何以上から!等々こんなセリフを見る事が多くないですか!

まあ確かに世の中大多数に合わせるのが常識なんでしょうけど、もう少し融通利かせてくれよ“”というのが少数派の意見でございます。

海外製品の中には未だ頑固に通信はシリアル(RS-232C)の物も結構あります。そのシリアルに合わせてPC機種選定するってのも本末転倒な気が致します。この問題は大概の場合、シリアル-USB変換ケーブルで対処できますけどね。

さて本題に入りますが、とあるお客さんがジュニアパムを購入したんですけど是が非でもMacで動かしたいとのご希望です。じゃあ試してみましょうか“という事になりました。

そんなんウチに言われてもと思いますが、まあ面白いのでお付き合いしました。

まあここ数年動かしてないOldPAMの配線を結構な数経験してきたので、毒を喰らわば皿までって気分でやってます。便利屋さんみたいです。

結果ちゃんと動いてます!!
ibook&juniorPAM02.JPG

「マイクロ」の文字化けはWindowsでも同じなのでしょうがないとしても、動作は問題無いです。

手順は
1. MacBook、MacBook Pro、MacBook Airその他、なんでもいいからインテルマックを買います。
2. そうするとBootCampというエミュレータの様なソフトが付いてきます。
3. Windows XPが入ったOSを買います。弊社では、壊れて使わなくなったDellに付いていたOEMのXPを使いました。
4. BootCampのマニュアルに沿って、Windows XPをインストールします。
5. WALZのWincontrolソフトをインストールします。
で、このようにUSB経由で接続する。

ibook&juniorPAM04.JPG

作業は実際やってみますと簡単でした。

最近では普通にPC買うとVistaが強制的に組み込まれていて、XPが捨てがたい場合には困った状況になってますし、「WinXPが使いたい」という目的だけでもMacBookなら安いし買いでしょう。Vistaも入るらしいですが。

測定器に戻ると、この機械ファイバーがプラスチック製になってるんですね!
光が外側に漏れずにちゃんとサンプルに照射してるのか気になる所ではあります。

次回は別の測定器を使って反応が漏れずにしっかりディテクト出来ているか検証してみたいと思います。いつやるかは未定なので気長にお持ち下さい。

*弊社はWALZ社の代理店ではないので、Junior PAMの質問は正規代理店さんにどうぞ!!

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 10:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月03日

光合成研究会参加してきました!

光合成研究会参加してきました!

私個人としては毎年の恒例行事ですが、弊社としては初参加してきました。
今回は大会に参加すべくPSI社・社長Martinが来場し、最新機種Fluorcam800MfとPhotoBioreactorの2台を展示するという、いつにない力の入れようでした。

bio02.jpg

大会は30・31日の二日間開催され参加人数は100名弱位の規模でした。
名古屋大での開催は今回で二回目なので、何の心配も無く大会に臨むことが出来ました。

これも三野さんを初め伊藤先生の研究室の方のご助力があっての事です。この場を借りてお礼させて頂きます。ありがとうございました“”

長年参加しておりますと、殆どの方のお顔を見たことがあるか、お名前を聞いたことがあるようなFamily的な感覚がある研究会で居心地が良いです。
ただ今回は東大の入試説明とかフランスでのクラミドの研究会もあり、何名かの方は不参加でしたが、盛況な大会であったと思います。

本当はもう少し余裕があれば、古くからのPSIユーザーの方とMartinとで意見交換する場があれば皆様のためにもなったかと思いますが、彼も満足して帰りました。毎回の事ですが、Martinのお守りは疲れます。

今回もカラコピー機探して名大を彷徨っておりました。途中偶然にも山口大の荒木さんにお会いするハプニングもあり、戻った時にはヘロヘロでした。
800MfのCCDカメラもどうやら機種入れ替えをしている様子で、解像度もかなり改善されていました。今回のはGFPにも対応しておりますので、ご関心のある方はお声かけて下さい。いつでも参上致します。

余談)
大会終了後、知り合いのお客様と食事に出かけたのですが全然名古屋名物じゃないんです。何故かバリ料理とインドネシアのビール飲んでました。

ビンタンはバリ島にサーフィン行った時以来でしたが、水で薄めたみたいな味でした。
Martinともセルフ串揚げ食べてました。

食べる具材を好きなだけ取ってくるんですが、このジャンクな味が気に入った様子で何度も大盛りでニコニコして持ち帰ってくるんです。憎めない奴ですわ!!

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記