2009年06月28日

ランバージャックへの道 パート2

ランバージャックへの道 パート2

前回から引き続きで、本日からは茨城県北茨城市にサイトに移動してきました。
ここは長期生態観察のためにつくられた歴史あるサイトだそうで、開祖みたいな所だそうです。
現・東北大の中静先生を筆頭にして始められた研究を20数年経っても若い研究者が引き続き、この地を利用して計測をされているそうです。
樹木は100年単位で結果が分かる位にスケールの大きな研究だと云われます。
この歴史を絶やさずに円滑に継続させていくお手伝いをするのも我々の役目の一つなのかなあと感じました。

さてここでの計測は木の直径の計測を行いました。
今回私は野帳マンを仰せつかり、巻尺とノギスで読み上げた数値を漏れなく記載する作業でした。まあ心優しいパートナーですこと“”
作業はそう困難ではありませんでしたが、山の強敵アイツが現れました。
蜂です“”スズメバチじゃないとは思うのですが、一歩も動けないですね。
猪とか熊とか山は怖いところです。
海で鮫に会う確率よかよっぽど多いですもんね。

数時間の滞在でしたが、小川は本当に綺麗な場所でした。
清流が流れていて野生のワサビとか三つ葉とかが生えてました。
ここで親子丼食べるのもどうかと思いますけど。
機会があればまた来てみたいと思わせる場所でした。
一人じゃよう行かんですけど“”

TMsinrin04.jpg

TMsinrin05.jpg

余計な話ですが途中で、ペンダントロガーに雨水が溜まっているのを結構みました。
湿度センサーが付いているタイプだと水が溜まるみたいですね。
結露もあるのかもしれませんけど、簡単な対処法は菅原先生みたいに手作業で傘作ってあげたらいいのではないでしょうか。唐笠地蔵みたいなのを
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%82%98%E5%B0%8F%E5%83%A7


慌しくも楽しいショートトリップでした。
昨今ニュースで、遺伝子組み換えだ、植物工場だと話題に事欠きません。
日本の国土の70%近くは森林だそうです。今回来てみて日本人は恵まれた環境に生きているんだなあと改めて思いました。IKEAとかニトリで安いって喜んで外材の家具買ってる場合ちゃうと思いますよ!
森林が荒廃したら地滑りとか土石流とか自然災害にどう備えるんですかね?

では最後にこれは何て植物でしょうか??
TMsinrin06.jpg
答えはギンリョウソウです。
葉緑体を持たない植物なんだそうです。
今度SPADで計測してみたいです。数値ZEROになるんですかね?
どなたか試されたことある方居たら教えてください。
国内には結構SPAD信者さん居てるんで、これでZEROやなかったらどうするんやろ??

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 17:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記