2009年10月14日

無水ソーダライム (Dry Soda Lime)

無水ソーダライム (Dry Soda Lime)

まず、このタイトルの意味がわかる人はマニアを自覚してよいと思います。

赤外分析計では、当然ながらターゲットとするガスによる赤外線の吸収を検出して、計測を行っているわけです。

その内部にはディテクタ(PbSeが多いですね。)、バンドパスフィルターとか、チョッパーモーターとか、なんやかんやの部品が入っていて、それぞれその役割を果たし続けているわけですが、こういう部品を収納する部分にもCO2やH2Oが存在していると、それはつまり、パス以外の場所で赤外を吸収してしまうということになるので、とても都合が悪いのです。

この主要パーツ格納庫というイメージの部分にはそういったガスを吸収してしまう薬品を常套手段として使います。CO2には無水ソーダライムを、H2Oには過塩素酸マグネシウムというのが一般的です。

数年前、私を含む一部マニアな方々にショックな出来事が起きまして、なんと無水ソーダライムがこの世からなくなってしまったのです。(理由は今もって不明。だけど事実。)

入手が容易なソーダライムと何が違うのかと言えば、無水ソーダライムは含水率4%未満、ソーダライムは20%程度です。
後者と過塩素酸マグネシウムを同じボリュームに存在させますと、その水分でマグネシウムが溶け、分析計内部はてんやわんやになってしまうのです。(だから早めに交換すると言う手もあるにはある)

無水ソーダライムの代わりにアスカライトというCO2吸収剤もあるにはあるんですけど、これが高価すぎる上に、これ自体が溶けてしまうというやっかいな代物。やはり無水ソーダライムが安全なわけです。

ふとしたことから、特注で作ってしまうことに成功しました。薬の特注って人生初めてだったんですけど、そういうのを作れる会社は作れるんですねえ。いとも簡単に。

で、弊社に3キロもの無水ソーダライムが入荷予定です。

僕が使用するのは300g/year程度なので、9割があまりってことになります。

自分で分析計のメンテなんかはできてしまう、マニアの方には販売できます。(逆にそういう自信がない方は買わないほうが無難です。こんなのは)

日本環境計測国産部門担当HK
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記