2013年11月29日

バナナの円周長計測について(at オーストラリア)

バナナの円周長計測について

今回はなんとオーストラリアからの記事投稿です。ICT Internationalって社名は植物関係の方なら一度は聞いたことがあるでしょう。水ポテンシャル測定装置のPSYがよく知れた機器ですね。そこになんと1名だけ日本人スタッフKK氏が在籍しており、アジアマーケットを担当している都合で日本にもよくいらっしゃいます。そんな方からの投稿になります。

ついでに、本ブログは「有意義」な情報と判断できる場合、どんな方からのどんな情報でも受付します。弊社からばっかりだと情報が極端に偏ることも問題だなあと考えてるときでしたし。しかし、庭にバナナって、日本では見たことないなあ。ところ変わるとあるんですねえ、そういうことが。次回は是非マンゴーのなにかしらの測定が見てみたいです。EMJ-HK


バナナは草本の単子葉植物で、木本の樹木とはその生長がだいぶ異なり、内側から葉を生成し幹部が肥大していきます。樹木の樹皮に相当するものは古い葉の表皮(茎?)になります。
image1.jpg

一般的に樹木は春から秋にかけ幹部を肥大させ冬場はその成長が停滞します。また最近の自動計測デンドロメータの発達により、日変化の観察ができるようになり、幹が太ったりやせたりを繰り返しながら成長していることも観察されるようになってきました。
では、バナナはどんな反応をしているのでしょうか?

測定者の個人的な好奇心からバナナがどのような生長をしているか観察してみました。測定者の自宅(オーストラリア シドニー)に植えられたバナナ(測定時 高さ2m 幹周り70cm)にDBL60デンドロメータを設置して14日間観察してみました。
image2.jpg

設置直後の1月18日(南半球は夏)は当地の最高気温を更新した日で、測定器の温度センサーは55度を記録しました。その後、数日間は30度を下回る日が続きましたが、その後も日中の最高気温が40度を超える日もあり、測定期間中はかなり暑い時期でした。ここで取得したデータを見ると面白い変化が観察されています。
image3.jpg
温度変化は日射のある日中が高く、夜間が低い山型です。幹部の成長量(円周長の変化Circumference)を見ると多くの日で日中は収縮し夜間に肥大していたことがわかります。

この装置は温度と周囲長変化を同時に計測しているので時間軸は正しいです。この測定ではこれ以外のセンサーを設置していないので詳細はわかりませんが、おそらく日中は蒸散活動により幹部の水分が失われ、夜間に損失した水分を補うため幹が太っていたと思われます。

また日中に収縮がみられた日は最大気温が35度を超える日ばかりなので、蒸散速度が速すぎたため、根からの水分供給が足りず幹部が収縮したのではないでしょうか。バナナの蒸散量や蒸散速度計測をしたことはありませんが、葉が大きい分、その量も多いと考えます。

参考までですがこのバナナは14日間でおよそ15mm成長していました。

ICT International Pty Ltd
http://www.ictinternational.com
アジア地区担当 KK



posted by EMJ-TM at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記