2014年03月13日

土壌呼吸測定の奇抜な例(デモンストレーション)

土壌呼吸測定の奇抜な例(デモンストレーション)

今回は関東の某研究所さんでガス装置のデモ依頼を受けまして
PICARRO社の装置を準備させて頂きました。
PICARRO1.jpg
当該機種2301-fはCO2,CH4,H2Oを任意の間隔で連続測定します。
http://www.sanyo-si.com/product/?category=51;product=297

野外での測定も可能ですが今回はデモという事もあり屋内で外気を引き込みながらメタン・CO2濃度の測定を試みました。
電源を入れたら数値が安定するまで30分弱でセッティングも完了です。
PICARRO2.jpg
チャンバーの開閉を20分間隔にしたので1時間で3サイクルの設定です。メタン/CO2の関連性を示すグラフも見られたので納得頂けたのではないかと思います。

今までもこれからも、弊社はガス分析に限らず様々な装置を準備して測定のお手伝いを致しますのでお気軽にご相談下さい。チャンバーの設計や作成も致しますのでこちらもご相談下さい。

それにしても某国製の自動開閉チャンバーが水に弱くてモーターが壊れるという話は面白かったですね。砂丘限定ナンですかね””

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記