2016年03月30日

森林学会2016

親方の僕は参加できず、というのも年度末ぎりぎりというスケジュールでの学会でしたので、やむなく不参加。弊社営業のみの参加となりましたが、おなじみの客様、お初のお客様、ともに多くの訪問を受けたこと、ありがとうございました。

新商品ということで、本ブログで先に紹介したデンドロメーターの見学、現物確認が多かったということで、間に合って良かったなあと思いました。そもそも、デンドロの存在意義をあまり重要視してなかったなあという反省があり、しかし考えてみると、少ない労力で、植生の成長速度に直接的に関与するパラメータの計測が可能というパターンは案外少ないので、そりゃ、有効だなあと理解してきました。

特に今回のデンドロは電気式の中で知る限りで世界最安値なので、多くの方が計測するきっかけになれたらいいなあと思います。

来場くださった皆様、重ねてお礼申し上げます。

KIMG0008.JPG

写真には左にちょこっとしか写ってないですけど、今回、CS特機に軒先を貸しておりました。札幌の会社ですが、社長とは気が会うので仲良しなんです。ツクリモンに対応する理化学機器関係の会社って全国的に極めて少数なので、ということが大きいです。まあ、弱小がいくら寄り集まってもねえということは確かにありますが、互いに遊び相手ということで。

日本環境計測国産部門担当HK
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174699072

この記事へのトラックバック