2009年07月27日

切削型土壌コアサンプラー

切削型土壌コアサンプラー

熱帯の土壌をサンプリングするんだけども、根がびっしり張って、石も結構ごろごろあって、土壌そのものも固いかなあ?結構ね。つまり、そういう土壌をサンプリングする苦労って、そこん所の事情、解るかね?チミ?
やっては見たんだよ、現地で板金溶接なんかでサンプラーのような形のモノを作ったりしてね。でもねえ。ハンマーでいくら叩いてもラチあかんのよ。入って行かんのよ。そもそも。で、結局現地の人を雇って縦穴掘って、そんで、横からサンプリングするのがベストという回答は最悪あるんだけどねえ。

という、お話です。まあ一般的な流れで行きますと、市販のサンプラーなんかを、「先生、これどうよ?よござんしょ?そこそこ高いけどねえ。仕方がないねえ。えっ、強制付属してくるこの樹脂ハンマーって2万越えるの?でも仕方がないもんねえ。」という、「これしか見つからんので、これ買うしかないね。後は知らんもんね。」仕事一丁上がりっ、という対応になるところなんでしょうけど・・・・余計なことをついつい言ってしまった次第です。「作ってしまいましょう。」

注釈:こうやって、土日が無くなっていく人生を過ごしています。

これが、今回のツクリモノの大きな流れ(演出大アリ)ですが、実のところ今回はボア直径が広範囲(φ50〜100mm)というおまけの条件が付いてますから、その辺で買ってきて終わりという対応はそもそも不可です。

最初に、土壌を切る部分、つまりドリルをどうするかで悩みました。結論は超綱チップが埋め込まれた、コンクリートを切削できるヤツがベストなわけだけど、そんなの単品で作ったらエライ金額になってしまうわけで、普通はSUSの切削品でゴマカシテシマウ部分ですね。今回は、大阪のハウスBMという会社http://www.housebm.com/
が良いの作ってるのを運良く確認。マルチリョーバコアドリルで内径φ63を、ドラゴンリョーバコアドリルで内径φ100を準備できることになりました。こういうのが簡単に買えるってのが、日本のエライ所です。上記品名でリョーバというのは両刃でして、片方の刃が減ったら、反対側の刃を使えるという構造です。そこはね、フーン良いじゃない。という程度なんですが、その構造が故に、このシリーズの最大の特徴が存在します。なんと、ドリル部分だけが筒状に取れます。これは素晴らしい。惚れた。

また、普通の用途では欠かせないけど、土壌サンプラーでは邪魔なセンタードリルも「クズ取りポン」機構のおかげで簡単に外れてしまう。もはや、ほとんど、このドリルは、土壌コアサンプラー専用としか考えられないわけです。

次にハンドルですが、これはあまり悩む事無く、MTB(マウンテンバイク)用のストレートハンドルに決定。近所で買えますし、アルミなので切断も簡単。ママチャリ用の鉄やSUS製を選定しないのは重量からです。

他は買えないので、設計して作って組み立てて出来たのがコレ。
SCS01.jpg

1. ハンドルは若干下向きに「へ」になってますが、これが実は料理で言う隠し味です。この角度があるので、鉛直方向下向きに力を入れつつ回すという作業時に、中心を保持しやすいという機能を持たせています。

2. マルチリョーバコアドリル。
コイツが一番仕事をしています。

3. 100mm延長ロッド
もっと深いところまで行きたい貴方へ。100mm 毎ですが、無限に延長できます。下がオス、上がメスネジになってるわけです。

4. コア抜きプレート
ドリルの刃が筒として外れた後、中の土壌コアを押し出すプレート。

5. ヘックスレンチ。
ハンドルを取り外したい場合の、ネジ回し。

組み立てるとこうなります。
SCS02.jpg

延長ロッドはこう接続します。
SCS03.jpg


リョーバの構造。道具無しでこうなります。
SCS04.jpg

コア抜きプレートはこの様に接続。
SCS05.jpg


ハンドルをバラすと持ち運びに便利。(かもしれない)
SCS06.jpg

結果、こういう具合に土壌コアが採取できました。
SCS07.jpg

穴側も、まあきれい。
SCS08.jpg


コアのボアサイズは、以下の通りに自由に選定できます。
マルチリョーバコアドリル実効内径(±2で表記。土壌ですし。)
φ53、58、63、68、72

ドラゴンリョーバコアドリル実効内径(±2で表記)
φ22、25、28、30、33、38、43、48、53、58、63、68、73、78、83、88、93、98、103、108、113

よく見る土壌コアサンプラーとの相違点は、上記した特徴の他に一つ重要な点があります。本サンプラーは切削型、つまり切り削ります。通常は切るだけです。

この違いを簡単に説明すると、鋸(ノコギリ)とカッターの違いです。前者はおがくずが出ますが後者では出ません。もう少し解説すると、分厚い物体の場合、鋸では問題ないですが、カッターでは刃が食い込むので刃先の摩擦から限界が存在します。

土壌を一気に100mmも掘るわけですから、その違いは明白で、使ってみた時に、力加減が大きく違うわけです。

あとは、熱帯でどういう結果が出るかはまた次回にでも。

日本環境計測国産部門担当HK
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30866976

この記事へのトラックバック