2007年10月16日

ProfileProbeについて 

ProfileProbeについて 

Delta-T社から販売されている土壌水分センサーがProfileProbeです。
http://www.environment.co.jp/ImpPro/DeltaT/DeltaProfile.pdf

Profileprobe.jpg
Delta-T社スタッフによるイメージポーズ
普通はプローブを挿す前にHH2を見る必要はないです。

土壌各層の水分量を鉛直方向でプロファイルする目的で開発されたのがProfileProbe(PR2)です。PR2には40cm(10cm間隔で4点)、100cm(6点)の2種類があります。

* 希望により100cmでは6点以上、若しくは10,20,30,40,60,100の配置を変する事が出来ます。しかしコストが通常の1.8倍くらいになるのが難点ですから、アクセスチューブに全部挿さないで高さ調整して計測する方がお奨めです。

測定にはセンサーを挿入する際のガイドとなるアクセスチューブを測定前に埋める作業が必要です。測定ポイントの土壌とチューブが平衡に達するのに約半日はかかるので前日に埋めるのがお薦めです。センサーをそのまま埋めることも可能なのですが、劣化が早まるだけなのでアクセスチューブを使いましょう。

PR2が発売されるまでは各層にセンサー単体を埋めて測定していました。深さ10cm毎に6点採れば、コストはセンサー×6点になります。これはコスト的に見てもかなり痛手になります。

これを何点かで行う場合、センサー×6点×測定ポイントになるので、通常であればセンサーを掘り起こして、別の場所に埋めなおす作業が必要になります。
この作業に問題は2点あります。

先ず掘ったり埋めたりする作業は面倒で多くの人手が必要になります。

また土壌を掘り返すことで人の手が加わり、自然な環境が破壊されます。これは根の切断や土壌構造を破壊することも在り得る訳です。

これら諸問題を解決できるのがアクセスチューブです。
チューブの直径25mmの穴を専用アウガーで掘ります。(デルタ社のは高いのでDAIKIさんのがお安いのでお薦めです)http://www.daiki.co.jp/100AJ.htm

穴を掘る際に、土壌とチューブに隙間ができると電磁波が迷走し、正しいデータが取得出来なくなりますので水を含ませながら作業を進めると土壌との咬みあわせが向上します。

チューブを穴に押し込み最後の作業ではゴム製のハンマーで打ち込む位にきつめに挿入することが良いデータを取得する最良の方法になります。

PR2の前機種PR1が発売されたのが約6年前になります。PR1では断線やデータ等のエラーで苦しまれたお客様もいたそうです。また土壌塩度の影響を受ける傾向が見受けられ、その改善策としてPR2が開発された経緯があります。塩度の影響を極力回避する様に設計され、配線も本体とケーブルをコネクタを介して分離する事で断線時もケーブルのみ交換若しくは修繕する事で最小限の出費に抑えられます。

PR2になっても回避出来ない問題もあります。360℃全てを計測出来るのではなく、本体の1部はリングが繋がっていません。可能であればセンサーを回して2回目を測定してアベレージを出すのが宜しいかと思います。

DSCN0934.JPG
電極正面

DSCN0933.JPG
電極サイド

DSCN0932.JPG
電極背面(この角度の写真はあまり見せないんです。メーカーは。)

また供給電圧についてもカタログには5-15VDCと記載されていますが、実際9-10Vが最適です。カーバッテリー12Vから直接供給する場合、データ収容部が異常に高温になりデータに支障をきたす事がありました。その場合12V→9Vに落とすレギュレタを間にかます必要があります。

* 私の考える最適の使い方*

PR2とHH2の組み合わせにチューブ5本くらい!
予めチューブを異なる場所に埋めて、PR2とHH2を持って移動しながら測定を行います。チューブに挿して約1分も待てば馴染んで安定したデータを取得できます。
これであればローコストで土壌への影響も最小限に抑え安定したデータが取得可能です。

ただし精度の高い数値を求める為には各土壌での校正は必要です。PR2の校正にはML2xを使う事をデルタT社は推奨しております。

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
解説有り難うございます.興味深く拝見してます.さて,私もトルコを含めいろんな場所にかなりの数のアクセスチューブを設置する作業をしてきましたので感想です.PR2含めてアクセスチューブを埋設するタイプの土壌水分計の測定上の最大のポイントは,土とアクセスチューブの密着です.T陽計器さんが販売されているセンサなどはわざわざ密着用の泥が販売されてます.オーガーで穴を開けてそのままチューブを打ち込むと必ず土との間に空隙ができてしまい低い土壌水分値しか表示されません.従って,私は測地値の土をフルイにかけて水を加えてドロドロにし,穴に入れてからチューブを差し込むようにしてます.チューブにその泥を塗り込んでおくのもポイントです.砂地ではPVC水道管に水道ホースを接続し,水流で砂を洗いながら穴開けすると数十秒で穴開けできます.最後にチューブを打ち込む場合のためのヘッドが販売されてます.これをつけずにゴムハンマーで叩くとチューブが割れることが多いです.
Posted by F.Adachi at 2007年10月26日 12:21
経験しないと解らない部分、つまりノウハウを含んだコメントをくださり、ありがとうございます。現場の泥をふるいに掛けてそのまま使用するのは質が同じなので理想的ですし、何よりコストゼロというのがとても良いアイデアだと思います。

誘電率を原理とする水分センサーでは、センサーの電極を中心に同心円上に感度域があり、中心に近づくほど感度が高いという特性は回避できません。ML2xやPR2の場合直径15cm程度がその感度域でしょう。

同じ理由で、センサー近くに空隙がある場合、その影響が強く出てしまう事も理にかなってます。アクセスチューブの壁面は距離数ミリですし。

PR2は直径26mm、SentekのEnviroSmartは直径50mm
。円周で約2倍長くなるので、アクセスチューブの土壌への接触状態は、より神経質にならざるを得ないです。

しかしながら、EnviroSmartも良くできたセンサーで、これ、組み立てて使用できるんですよね。この点はすばらしいです。


Posted by HK at 2007年11月14日 16:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5930224

この記事へのトラックバック