2007年11月08日

OJIPとは何ぞや? 

OJIPとは何ぞや? 

最近、小型クロロフィル蛍光測定器のオプションでOJIPというプログラムを目にします。

ちなみにOJIPをオプションにしているメーカーはOptiScience社のOS-30p、PSI社のFluorPen、Hansatech社のPocketPEAがあります。

ではこのOJIPって何?と思っても、どのカタログにも記載されてません。

それではと思いネットで検索かけても何もHITしてきません。

じゃあ私が代表して説明致します。
同業他社の皆様ココを見て勉強して下さいませ!!質問は受け付けませんけど。

ここではOS-30pの操作法を元に説明致します。
OJIPとは蛍光パラメーターの頭文字から引用されていて、Fo (O)、 Fm(P)、 Ft (S)、J (1mS)、 I (30mS) のポイントを計測しているという意味です。

JとIは飽和光を照射した後の測定値を指しています。
なのでO→Fo、J→照射後1ms、I→照射後30ms、P→Fmを指します。

まあここまでは単なるカウツキー効果ですよね!

しかし良く分らんのはこのプログラムでFm’とNPQが測定可能と記載してある事なんですよね?飽和光を1回しか焚いてないのに何故にFm’が取れるんだろうか?

どこのメーカーでもUser任意のタイミングで飽和光は照射出来ないのに、これは次回の課題にしときます。まあ取得データを基に推定してるんだと思うのですが・・・。

正直な感想これらの機械で獲れたNPQとか信用するのは危ない気がします。

話題は変わりますが、その内、Walz社からJunior PAMが発売される筈です。

岡大の光合成研で見たジュニアパムのデモ器は、FmよりFm’が高いというデータがどうしても回避できなくて、正直正確な判断が出来ていません。そこんとこどうなんでしょう?デモ器なんで調整が緩いのかな?

でもこれが正確なデータ出すようになれば売れ筋という意味ではChampionになるでしょう。

ただ本体だけで測定出来るのかが不明なので、用途によれば使えないかもしれないです。

でも何故にみなさんMINI-PAM買うんでしょうねえ?

PAM210でも充分だと思うんですよ。確かにファイバー径が細いし、材質もボールペンの芯みたいですけど!そもそもPAMって外来ノイズを消す仕組みが特徴で、その効果で十分なわけですから、シグナルを増やす為にファイバーを太くするってのは効果はありますけど、オーバースペックな気もします。

メーカーにすれば高い機種買って貰った方が嬉しいのは分るんですけど、何か他の機種が過小評価されてるみたいで可哀想に思いまして・・・。

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/


追伸

PAMもいろいろあるようですけど、MINI-PAMをオシロで実測してみたところ、結構ノイズ拾ってるんです。電源の60Hzを。これは西日本なので、東日本は多分50でしょう。

でもシンクロした信号以外の周波数は問題ないわけです。
LEDのチョッピングは300と600Hzで交互に出して、シンクロしたシグナルをフォトダイオードで受けていました。意外と低い周波数で驚きです。デューティーは1/10以下。

鋭い方はお気付きでしょう。そうなんです。デューティーがね、これで良いの?と思うわけです。

光合成関係の機器って、良くμmolとかμEとかいう単位の、つまり光量子の強さを表示してるんですけど、2000μEなんてのはほとんど太陽光の強さです。

で、既存のLEDバルブで、どの程度照射できるのかなと試してみたらなんと、現在の高輝度タイプでも直射、距離ゼロでも300μE程度です。この時デューティーは1/2、400Hz。つまりちょっとだけ過電流なセッティングです。

植物工場の文献なんか見てみると、デューティーは1/2、400Hzが理想だとある。

計測に必要な照明のセッティングと、育成に必要な照明のセッティングが違うというのは別に構わないんですけど、気になるのはメーカーや、機種が違うと、多分、いやきっと、デューティーや、周波数は違っていると思うんです。

でも、カタログスペックには光量子の強さしか書かれてないのが普通なんです。

で、そもそもの光量子って、太陽光がベースなはずで、それはもちろん連続光なわけです。

光量子の定義は瞬時値ではなく1秒単位なわけで、それがチョッピングされた光を、更にメーカーでセッティングが違うとなると、μmolやμEに単位だけ揃えても、一律に条件が同じとは言い切れないように思います。

デューティーが1/10と1/2じゃあ5倍違うわけですし。で、機器のメーカーが何を基準に光強度を表示しているかというと、フォトダイオードを使った計測値ですからピコ秒の応答速度を持ってるはず。

つまり点灯時間が数千msecの場合は十分追従して、そのピーク値を表示しているでしょう。

ピークは平均値ではないので、普通に何も考えずに光量子センサーで計測した値だとするとこれは困った事になりますね。

このあたり、詳しい方いらっしゃったら是非コメントください。

日本環境計測国産部門HK
http://www.environment.co.jp/
posted by EMJ-TM at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6598947

この記事へのトラックバック