2007年12月21日

朗報です!WETにロガーが

朗報です!WETにロガーが 

Delta-T社は以前から土壌水分計としてWETセンサーを発売しています。
WETとは、Water Content水分含水率のW、EC塩度のE、Temperature温度のTの頭文字を取って名付けられました。

最初に発売されたWET1が5〜6年前で、現在はWET2に変更になっております。実は一番最初に見たのはデルタ社の製品ではなく、乾燥地研にお邪魔した時に井上先生のお部屋で見たオランダのIMAG Institute of Agricultural and Environmental Engineering (IMAG-BV) の製品でした。

WETはIMAG、Saint-Gobain Cultil_ne B.V.、Applied Plant Researchの3組織の協力でDelta-T社が製品化した製品です。オランダの研究組織と英国の民間企業の共同開発。この様な共同開発はEUは先行ってますね。

WET1では粘土層での不具合や安定性に問題があったそうで、発売2年後くらいにWET2にUpgradeされました。それからは不具合情報聞かないです!
お客様からはずっと長期計測の要望がありました。

しかし、対応可能なのはHH2(簡易読み取り器)だけでした。HH2は使用者が測定ボタンを押さないと駆動しないシステムなので、事実上長期測定は不可能でした。

今月のデルタ社からのリリースで、WET2とGP1のシステムが発表されました。
GP1.jpg

これにより長期測定や塩動態など測定が可能になりました。
ただし他社ロガーとの接続は無理みたいです。

GP1は製造番号6/・・・以降であれば適合機種になります。
それ以前の機種とのマッチについては随時情報をお伝え致します。
既にWETをお持ちのお客様はGP1とDinPlugから裸線への変換コネクターを購入頂くかコネクタを切ってくだされば、それでお使い頂けます。長らくお待たせ致しました!! 

日本環境計測輸入部門担当TM
http://www.environment.co.jp/

posted by EMJ-TM at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8650239

この記事へのトラックバック